LEWITT microphone lineup

必要なマイクはどれ?

LEWITTマイク初心者向けバイヤーズガイド

レコーディング用マイクとはどんなものでしょうか?

レコーディング用/スタジオ用マイクはボーカル、スピーチ、そして様々な楽器を録音するために作られています。

このマイクは、従来のスタジオ環境の外、例えば自宅でも使用できます。

ポッドキャスト、ボイスオーバー、ボーカルやギターの曲を録音したい場合、スタジオマイクは最適なツールです。

典型的なスタジオマイクの特徴はどんなものでしょうか?

  • 幅広い用途に最適
  • コンデンサーカプセルを搭載している
  • XLRコネクターを搭載している
  • 48Vファンタム電源が必要

どのLEWITTマイクが必要でしょうか?

まず、録音したいものは何かを考える必要があります。

以下のリストを参照して新しいマイクを見つけてください。 これらは私たちのお勧めの製品です。

ボーカルを録音するためのマイク

Recording vocals with the LCT 240 PRO

ボーカルを録音する場合、一般的にはコンデンサーマイクが選択されます。

このトランスデューサー・テクノロジーは多くのディティールを捉え、声に対して非常に高い感度を持ちます。 低い音量で歌ったり話したりしても、声のあらゆるディテールを簡単に捉えることができます。

私達の製品ラインから、いくつかお勧めのマイクをリストにしています。 これらのマイクのサウンドは、多くのディテールを非常に鮮明に捉えるように設計されています。 マイクに近づくと、声はより豊かで大きく聞こえます

 

ビギナー

LCT 240 PROLCT 240 PRO for vocals

エントリーレベルのスタジオマイクです。 アコースティックギターにも、ボーカルにも向いています。

付属品:マイクマウント、ウィンドスクリーン、マイク用バッグ

 

中級者

LCT 440 PURELCT 440 PURE for vocals

アルバム録音全体に使えるスタジオマイクです。 トップモデルで使用しているものと同じ1インチ・トゥルーコンデンサー・カーディオイドカプセルを搭載しています。どんな録音ソースにも向いています。

付属品:ショックマウント、マグネット式ポップフィルター、ウィンドスクリーン、マイク用バッグ

 

プロフェッショナル

LCT 940

もしくは: LCT 540 SLCT 940 for vocals

あなたの声に合わせて、ウォームなチューブサウンド、クリアなFETサウンドの2つの異なるサウンド特性をミックスし調整できます。

付属品:ショックマウント、ウィンドスクリーン、11ピンオーディオケーブル、LCT 940 PSU、マイク用ケース

アコースティックギターを録音するためのマイク

Acoustic guitar recording

どのコンデンサーマイクでも、アコースティックギターは録音できます。 小さなカプセルを持つマイクでは、音に違いが生まれます。

小さなカプセルは、アコースティック楽器から音が出る際に発生する、あるサウンド特性(トランジェント)により速く反応します。 その結果、小型ダイアフラムコンデンサーマイクはアコースティック楽器をより正確に捉えます。

大型ダイアフラムコンデンサーマイクは、サウンドにボディと温かみを加える傾向があります。 これは、アコースティックギターが曲のメインの楽器である場合に役立ちます。

どちらもうまく機能し、高品質のレコーディングを行うことができます。 音に違いがあるだけなのです。

 

ビギナー

LCT 040 MATCH

もしくは: LCT 240 PROLCT 040 MATCH acoustic guitar

早いトランジェント・レスポンスを持つLCT 040 MATCHは、アコースティックギターをクリスピーで明確なサウンドにします。

付属品:ウインドスクリーン、マイククリップ、マイク用バッグ

 

中級者

LCT 441 FLEX

もしくは: LCT 140 AIRLCT 441 FLEX

この1インチ・マルチパターン・スタジオマイクは最先端のテクノロジーを備え、アコースティック楽器にフルボディのサウンドを与えます。

付属品:ショックマウント、磁気ポップフィルター、ウィンドスクリーン、マイク用バッグ

 

プロフェッショナル

LCT 640 TSLCT 640 TS on acoustic guitar

この1インチ・マルチパターン・スタジオコンデンサーマイクは、アコースティック楽器の録音に最適なマイクの1つです。

付属品:ショックマウント、磁気ポップフィルター、ウィンドスクリーン、マイク用ケース

エレクトリックギターを録音するためのマイク

Electric guitar

通常、ステージ上ではダイナミックマイクでギターアンプをマイキングします。

プロフェッショナルまたはホームスタジオの場合、コンデンサーマイクを追加してさらにディティールを加えますが、一本のマイクを使用するだけでも問題はありません。

ダイナミックでもコンデンサーでも大丈夫です。

ダイナミックマイクは周囲のノイズの影響を受けにくくなっています。 ダイナミックマイクのフリーケンシー・レスポンスは、エレクトリックギターの周波数によく反応するため、取り扱いが簡単です。 コンデンサー・カプセルは、よりディティールを捉えます。

 

ビギナー

MTP 440 DM

もしくは: DTP 340 TT, MTP 550 DM
MTP 440 DM on electric guitar

アンプの生き生きとしたサウンドを捉える楽器用ダイナミックマイクです。 スネアドラムにも最適です。

付属品:マイククリップ、マイク用バッグ

 

中級者

LCT 440 PURE

もしくは: LCT 240 PRO, LCT 441 FLEXLCT 440 PURE for vocals

アルバム録音全体に使えるスタジオマイクです。 トップモデルで使用しているものと同じ1インチ・トゥルーコンデンサー・カーディオイドカプセルを搭載しています。

付属品:ショックマウント、マグネット式ポップフィルター、ウィンドスクリーン、マイク用バッグ

 

プロフェッショナル

LCT 640 TSLCT 640 TS on acoustic guitar

この1インチ・マルチパターン・スタジオコンデンサーマイクは、あらゆる用途に最適です。録音後に指向性を変更することもできます。

付属品:ショックマウント、磁気ポップフィルター、ウィンドスクリーン、マイク用ケース

YouTube、ポッドキャスト、ストリーミング用のマイク

あなたとオーディエンスをつなげるのは、あなたの声です。

人間の声は私たち人間にとって最も記憶に残るサウンドです。 声を録音する場合は、音質に細心の注意を払うことが非常に重要です。

皆が音の良し悪しを聞き分けられるように訓練されている訳ではないかもしれません。しかし無意識的に、音質は何か(例えば あなたのポッドキャストや動画など)に集中できる時間に大きく影響しています。低い映像クオリティの映画を見るのも難しいですが、オーディオが止まったり歪んだりするのは耐えられません。

ビギナー

LCT 240 PROLCT 240 PRO for vocals

ボーカル、スピーチ、ポッドキャスティング用の、モダンでディティールを捉えるサウンド。

付属品:マイククリップ、マイク用バッグ

 

中級者

LCT 440 PURE

もしくは: MTP 740 CMLCT 440 PURE for vocals

アルバム録音全体に使えるスタジオマイクです。 トップモデルで使用しているものと同じ1インチ・トゥルーコンデンサー・カーディオイドカプセルを搭載しています。

付属品:ショックマウント、マグネット式ポップフィルター、ウィンドスクリーン、マイク用バッグ

 

プロフェッショナル

LCT 540 SLCT 540 S for creating a podcast

ASMRやリアルなサウンドに最適な、非常に繊細なディティールを捉える音声レコーディングマイクです。

付属品:ショックマウント、磁気ポップフィルター、ウィンドスクリーン、マイク用ケース


More stories

Facebook icon YouTube icon Instagram icon