LCT 540 SUBZERO

LCT 540 SUBZERO

可聴領域より低いノイズフロア

超繊細なディティールを捉える、カッティングエッジなマイク

サウンドを再発見

あらゆるディティールを体感

540 SZ

このカッティングエッジなオーディオテクノロジーを使用した製品のエンジニアリングにあたっては、カプセルと基板のデザインについての進歩的思考が必要でした。その結果、無限の奥行きと至高の精確さでサウンドを体感する方法が現実のものとなりました。それが LCT 540 Sです。聞こえないようなトーンやサウンドまでも拾い上げ、パフォーマンスの全ての瞬間を構成するきめ細かいキャラクターのすべて捉えることで、レコーディングを完璧なものにします。全く別次元の音楽的なディティールを持った楽器や声を、再発見してください。

// カーディオイドの指向性を持つ、1"トゥルーコンデンサー・スタジオマイク

// 世界的に著名なプロデューサーやオーディオエンジニアと共同開発

// 傑出したヴォーカルマイクであることを第一に考えたデザイン

// もちろんどんな用途にも適するスペックを持ち合わせています

LCT 540 SUBZERO with shockmount and pop filter
LCT 540 SUBZERO with shockmount and pop filter

可聴領域より低いノイズフロア

サブゼロ・セルフノイズ・アーキテクチャ

私たちがどれだけ良い耳をもっているかを純粋に技術的な面で知るには、最小可聴閾値を参考にすることができます。私達の持っている最小可聴閾値は、周波数によって全く異なるものであることを覚えておいて下さい。人間の聴覚は、低域、超高域に向かうにつれ感度が低くなり、2 – 5 kHz近辺がもっとも感度が高くなります。LCT 540 Sのセルフノイズの値と最小可聴閾値を比較すれば、このマイクのセルフノイズの値が常に最小可聴閾値を下回っていることが見て取れると思います。マイクのセルフノイズをただ一点の値のみで考えることはハイエンド・サウンドトランスデューサーを語る上で不十分であるため、全帯域を見ることがとても重要なのです。

LCT 540 SUBZERO graph self-noise

限界への挑戦

9900ポンドの計測機器

マイクの性能が良くなればなるほど、セルフノイズの計測は難しくなります。いかなる外界のノイズも計測結果に干渉しないような場所が必要となってくるのです。低い周波数では、これが特に困難です。LCT 540 Sのセルフノイズを計測するために、私達は通常のものより10倍以上の質量を持つ、総量9900ポンド(4500kg)を超える特別な計測機器を製作しました。各周波数の音圧を1万分の一にまでダンピングすることができ、マイクの全フリーケンシー・レンジである20 Hzから20,000 Hzにおいては60dB、高音域では80dBものダンピングをすることができます。

Measurement device

氷山の一角

なぜセルフノイズが重要なのか?

山に登る際、天候に恵まれれば素晴らしい景色を見渡すことができます。もし曇りや霧がかかっていたりしたら、その景色は著しく損なわれてしまうでしょう。レコーディングも同じです。一部のピークはノイズフロア(霧)から飛び出ていますが、ノイズを可能な限り取り去ったら、埋もれていたディティールを隅々まで見渡すことができるでしょう。このマイクはヴォーカルや楽器の最も繊細なディティールまで拾い上げることができ、ほとんど聞こえないようなウィスパーもクリアなサウンドで捉えることができます。多くのノイズの問題はポストプロダクションでのみ明るみに出ます。信号にコンプレッサーをかけると、以前は聞こえなかったノイズフロアが現れてしまうのです。しかしLCT 540 Sではそんな問題は起こりません。

無限のディティールの美しさ

限り無い奥行き。至高の精確さ。

// サブゼロ・セルフノイズ・サーキットデザイン

// 132dBのダイナミックレンジ、最大音圧 136dB

// 超高解像度の音像

// 素晴らしいトランジェント・レスポンス

540 SUBZERO CAPSULE
540 SUBZERO CAPSULE

LCT 540 Sは至高の精確さで作り上げられおり、その同じ至高の精確さであらゆるサウンドソースを捉えます。最も厳しい品質コントロールが、超高解像度のサウンドと一級品の音響イメージを保証する3μm金メッキの1"マイラー・ダイアフラムを支えています。

540 SUBZERO CAPSULE

機能とデザイン

// クリッピング・インジケーターを装備

// オートマティック・アッテネーション

// クリッピング・ヒストリー

// ローカットフィルター

// プリ・アッテネーション

Settings
Settings

パーフェクトマッチ・テクノロジー

全てのLCT 540 Sは、各種の計測の後、これまでに製造されたLCT 540 Sと全く同じセンシティビティとなるよう、分極電圧の調整が行われます。

Perfect Match technology

Reviews

“Overall its technical ability is sublime; it sounds warm, clear (not yet clinical), smooth and dynamic. I would look forward to further using a pair for a live classical recording - lessening the need for noise reduction tools in the mix stage. Thank you to LEWITT for pushing innovations and setting new benchmarks for microphone manufacturing.”

Ross Simpson, Audio Media International

Reviews

“This cardioid condenser shows its quality right away, sitting effortlessly next to a mic more than twice its price across a range of sources. For vocal work it ticks all the boxes, possessing great clarity along with an easily worked proximity buildup, a smooth high end and all the low-end richness you need for voiceovers or in-your-face breathy vocals. The condenser mic HF lift is subtle and free from phasey peaks, keeping sibilance natural and easily controlled.”​​​​​​​

Robbie Stamp, musicradar.com

Reviews

“It’s not too crisp, has zero muddiness, and is best described as detailed, full, and musically honest. [...] Also, due to its clean nature, the LCT 540 SUBZERO makes not only an incredibly detailed vocal mic, but also a great closeup/intimate mic on the quietest of sources.”

Paul Vnuk Jr., Recording Magazine

Reviews

“Given that it is a mid-priced mic with a somewhat lower price tag than I expected from its performance, the LCT 540 SUBZERO represents extremely good value and is capable of taking on a wide range of recording tasks.”​​​​​​​

Paul White, Sound on Sound

Produce Like a Pro

“What better way to test out a new mic than to record a full song using ONLY THIS ONE MIC! The song we recorded only using the Lewitt LCT 540 Subzero is called “Nothing I Can Say.” I wrote this song with Buck Johnson, Aerosmith’s keyboard player (before he was Aerosmith’s keyboard player!) In this version of the song we have Matt Starr (Mr. Big, Ace Frehley) on drums and myself playing the rest of the tracks!”


同梱物

LCT 540 Sにはミリタリーグレードのプロテクションケース、本体のノイズを最小限に抑えるショックマウント、本体のデザインと完璧にマッチするマグネティック・ポップフィルターが同梱されています。

LCT 540 SUBZERO box contents

製品仕様

音響的動作原理

Pressure gradient transducer, externally polarized

ダイアフラム

スパッタ金蒸着マイラー(3ミクロン)

トランスデューサー Ø

25.4 mm, 1 in

指向性

カーディオイド

感度

41 mV/Pa, -28 dBV/Pa

等価ノイズレベル

4 dB (A)

最大耐音圧 SPL (0.5 % THD)

136 dBSPL, 0 dB pre-attenuation

S/N比

90 dB (A)

ダイナミック・レンジ

132 dB (A)

プリ-アッテネーション・パッド

 0 dB
-6 dB
-12 dB

ロー・カット・フィルター

リニア 
80 Hz (6 dB/oct)
160 Hz (6 dB/oct)

内部インピーダンス

68 Ω

供給電圧

48 V ± 4 V

消費電流

3.6 mA 

マイク筐体

亜鉛ダイキャスト

コネクター

金メッキ 3-pin XLR

マイクロフォン 寸法

158 x 52 x 36 mm, 6.22 x 2.04 x 1.42 in

マイクロフォン 重量

371 g, 13.1 oz

更に表示 閉じる


マイク測定: IEC 60268-4に準拠
ファンタムパワー : IEC 61938
ノイズ測定: IEC 60268-1