ハイエンドの高性能をホームレコーディングにも。
LEWITTの新製品、LCT 040 MATCHおよびLCT 140 AIRは、手頃な価格でプロフェッショナルレベルの性能をもたらします。

 

Vienna, Austria – January 2019…

耳の肥えたレコーディングエンジニアにとっての新たな選択肢として知られるようになった、LEWITTマイクロフォンの並外れた精度。手頃な価格ながらプロフェショナルの要求にも応えうるコンデンサーマイクの発売は、まさに世界のホームスタジオにおける新たな基準を作り上げようとしています。

LCT 040 MATCHは、2019年のNAMM Showにおいて、ホールAのブース11110で世界的なデビューを果たします。単体のシングルペンシルマイクおよびマッチングの取れた2本1組のステレオペアという、2種類のパッケージをご用意しました。さらに、LCT 140 AIRはあらゆるレベルのレコーディングエンジニアに新次元の高精度をもたらします。

世界中の優れたオーディオプロフェッショナル達に支持され、信頼されているLCTシリーズは、画期的な技術革新とオーストリア人気質とも言える職人の技を組み合わせることによって作られています。数々の賞に輝く小型および大型のダイアフラムコンデンサーおよびチューブマイクロフォンが、旧態依然としたマイクロフォン市場に真にモダンな選択肢という一石を投じます。ホームスタジオのオーナーがアコースティック楽器の録音に高い品質を求める場合でも、高額なマイクロフォンは必ずしも必要では無くなります。プロフェッショナルレベルの要求にも応える確かな品質が、LEWITT製品にはあります。
 

LEWITT LCT 040 MATCH & LCT 140 AIR microphone

高い正確性を持つLCTシリーズですが、LCT 040 MATCH では人間工学に基づいたデザインを新規で採用し、非常に狭い空間においても柔軟に設置できるよう考慮された設計が施されています。カスタム設計のカプセルは、コンパクトで頑丈な金属製の筐体に収められ、自然なアコースティック楽器の特性に合わせた瞬時のレスポンスを実現するように最適化されています。アコースティックギターからドラムやストリングスに至るまで、音楽のあらゆる瞬間において心地良いハイエンドと明確なディテールをしっかりと捉えます。

LCT 040 MATCH ステレオペアは、全く同じパフォーマンスと柔軟な機能を提供します。2本のマイクの完璧なマッチングを保証するために、我々は徹底的な分析を行ない、同一の挙動を示すものをペアとして組み合わせるカスタム開発のプロセスを採用しました。スタジオ録音におけるドラムオーバーヘッド、アコースティックギター、あるいは合唱団でさえも高い精度での録音が可能。お求め安い価格帯でも最高のステレオ録音を実現できる、新しい可能性を示唆します。

もうひとつの新製品 LCT 140 AIRでも、我々は新しい基準を作ろうとしています。軸から外れたサウンドの抑制、プリアッテネーション、ローカットフィルターなどの豊富な機能と並んで、SOUNDトグルではリニアなレスポンスの通常モードと、微妙なニュアンスを捉えつつも開放的なサウンドの「エアリー」モードを切り替えることができます。

LEWITTの創設者兼CEO・Roman Perschonのコメント「古いマイクロフォンに代わる新しい製品を求める、多くの優秀なエンジニアたちにLEWITT製品が愛されているという事実を、私たちは誇りに思っています。LCT 040 MATCHおよびLCT 140 AIRを全世界で発売すれば、これまで以上に多くの人にLEWITT製品を体験していただけるようになります。NAMM Showでそれらを紹介するのが待ちきれません!」

米国カリフォルニア州アナハイムコンベンションセンターで開催されるNAMM Showは、2019年1月24日から27日に開催されます。新製品をはじめとしたLEWITT製品を、ブース#11110のホールAで実際に体感していただけます。